販促ワザhansokuwaza   ■お勧め BOOK・DVD

ジャパネットからなぜ買いたくなるのか?  荻島央江

 

創業から今まで売り上げ目標は立てた事はない高田流「目標無し成長法」。

10年後20年後の成りたい自分の姿をイメージしそこに向けて計画どうり進むのは良いけれど計画どうり進むとは限らない、カッコイイ方法に拘らず、とにかく「明日の目標」を一つずつ達成して行く。先ず目の前の仕事に全力を尽す事でしかやるべき事は見えて来ない「明日の為に今日やるべき事は?もっと良い方法は無いか?」の積み重ね、平易な言葉で書かれていますが、戦略とか戦術でなく、日々の深く覚悟の行動指針、改めて「商売は営みである」という言葉を思いだしました。

バイラルループ     佐々木俊尚

 

フォローしてるツィートの中にクーリエジャポンでツイッターによるキャンペーンを知り、サンプルをダウンロード、気が付けば、2冊の本を手にしてました。まんまと?ソーシャルメディアのバイラルループを体験させて頂きました。更に無意識に感染の手つだいまで。時を同じくして、フェイスブックの映画「ソーシャルネットワーク」の封切 大阪弁風に「何だか、うまいこと、なってるで~」

クーリエ ジャポン  マスコミから自立する知的生活法 

 

ヘッドラインながらテレビ、新聞では取りあげられない、世界のニュースを掲載。タイムリーな特集。 ガラパゴス化と言われる、世界の中での日本がほんの少し垣間見れる。

マッキンゼー賞 経営論の半世紀  ハーバードビジネスレビュー

 

今さら学者に成る気も、成れるはずもないけど、気に成り,購入まで何度も手にしたり、置いたり。  ○○論何てホント苦手なのに。

行き先も見えず、大きく時代が変わっています。時代の変化の歪は、小さく弱い所に。

会社では社員、下請けに家庭では子供に、私共の様な小さな事務所は直撃、しかも、にわかに原因も解らず。予知なんてとても。

半世紀の経済論を通して読めば、深く理解出来なくとも、何か感じればと時間があれば開いています。

 

 

「みかんの島」の介護日記      山口放送

 

周防大島、過疎高齢化の島で23歳のリエさんナオミさんが挑んだ福祉の道9年間の記録。合併を機に、大島の活性化に、地元の方、Iターン、Uターンの方、皆さん産業、観光、福祉、起業、教育等あらゆる角度から取り組んでおられます。私も密かにエールを送ってる一人です。関心の有る方、周防大島ドットコムで検索してみてください。

キャピタリズム    マイケルムーア

 

久々のDVD、TUTAYAでレンタル!!

資本主義、マネーゲーム、経済破綻、政治主導、雇用、年金、ソーシャルワーク、ソーシャルネットワーク、6次産業、今溢れる様々なキーワードをマイケルムーアの視点、自分の視点、マスコミの視点でシャッフルしてみる。

フリー    クリス・アンダーソン

 

ベストセラー本です。このブルーの表紙やたら書店の店頭で見かけますね。

皆さん御存じでしょうから簡単に。前作の「ロングテール」の衝撃、確実なマーケットの変化を実感しました。セットで読むといい本ですね。

調理場と云う戦場      斉須政雄

 

以前紹介した斉須さんの4年前に文庫化になった本です。飲食に限らず、職人であること、経営者であること、オーナーシェフである斉須さんの仕事術は、沢山のヒントと励みになります。

私の体験的ノンフフィクション術     佐野眞一

 

この本がキッカケで宮本常一氏を知り、偶然の繋がりに驚きました。武蔵野美術大学で出合っていたこと、知る前から好きで毎年行っていた周防大島、ゆかりを知って今は月一回は出掛けています。「末端は、先端である」もこの本から知りました。佐野さんの日本中を足で調べた、宮本常一に通じる、アナログで緻密、執拗なまでの取材、ボリュームのあるページをめくる度、裏にある厖大な取材資料の重みを感じます。


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネージメント」を読んだら

                                岩崎夏海

 

著者が初めてドラッカーを読んで涙を流した。全てはそこから始まった。

ドラッカーありきで、置きに行く感じは否めないが、ビジネスの枠に収まりきらない巨人を幅広いジャンル、世代が出あうキッカケを作った功績は、計り知れなく大きい。

すごい!整理術   坂戸健司

 

活かせるサイトで紹介した新産業開発研究所(有)坂戸さんの著書です。

私の一番苦手なジャンルです。読み進める程に、弱点を突かれてる感じ

耳が痛い事ばかり、ナルホドの本でした。

 

アインシュタイン150の言葉。

 

 

 知性を神にしてはいけない。神は強い筋肉をもっているが、人格はもたない。もし、この宇宙からすべての物質が消滅したら、時間と空間のみが残ると、かっては信じられていました。しかし、相対性理論によれば、時間空間も、物質とともに消滅するのです。
あえて感想は書きません。




ピーピングライフ DVD   人間をさぼろう

 

 

お勧めBOOK・DVDと言いながら、一本も紹介してませんでした。

ビジネスで、無駄なく、的確。相手に確実に届く会話に執りつかれてる方、少し脱力!

案外、日常の親しい関係の会話って、覗いて見るとこんな感じ、言葉じゃ無くライヴ感かも。

ほんとはこわい「やさしい社会」     森 真一

 

 

森さんの本、2冊目の紹介です。人間関係の様々な問題も、相手の個人的問題だけでなく、社会的背景から探ると、興味深く、ストーンと腑に落ちるのがきもちいい。

自己コントロールの檻              森真一

 

快適、安全、便利、やさしさ、満足、情報ネットワーク、合理的、自己実現の光と影。

COFFEE LOVERS   ムックです

 

豆の産地から、味覚のちがい、コーヒーのいれ方、有名専門店、(イノダ少し載ってます)カップ&ソーサーなどの情報を、まとめて頂いて、有難う御座いますの一冊です。

ウェブ時代の5つの定理        梅田望夫

 

梅田さんの本は、3冊めです、今回は、ウェブ時代のスター達の語録スタイルで、携帯サイトでも、アップしてあります。何といっても、ご存知、アダムとイブがリンゴを食べ、ニュートンがリンゴが落ちるのを見て、引力を発見、アップルが生まれた。これが、人類の3大革新。

個人的には、ビートルズがアップルを作ったを入れて欲しい所ですが・・・

芸術新潮  特集ルーシー・リーに会いたい。

 

作品を初めて見た時から。出合うべき作品だと感じました。スタイリッシュで質感は繊細で重厚、計画と偶然。西洋と東洋を感じました。大学に陶芸課の友人がいて、私は油絵課でしたが、陶芸にも興味を感じていました、浜田庄司、柳宗悦、などの民芸運動に興味が有り、大原美術館にも数回足を運んだ事が有りました。後からの知識で。大学の先輩である、三宅一生さんとバーナードリーチさんが彼女と深い縁で繋がる事を知りました。なぜか納得しました。

 

 

 

 

京都カフェ散歩

 

  随分昔の話しですが、学生の頃、コーヒー専門店が流行っていました。私も、八王子のピッコロという、マンガ家の永島さんで有名な、ポエムのボランタリーチェーンでアルバイトしていました。コーヒー・紅茶100種類メニューがありました。その影響か、高田渡さんの影響か、京都イノダまでコーヒーを飲みに行ってました。

懐かしく、思わず手にとった1冊です。

メニューは僕の誇りです。斉須政雄 少し前にでた本です

 

小さな企画、デザインの事務所を運営しているので、他のジャンルの職人さんも気になるます。仕事に対する姿勢は凄まじいものがあります。この本は、修行時代が多く、語られていますが、斉須さんの他の本では、職人と経営。少数精鋭での戦いを描いた本も有ります。パン屋さん、クリーニング屋さんなど、お客さんに最高の技を提供しながら、経営者としてのバランスに苦労している人に勇気のでる本です。

 

 

お客様がやかましい    森真一

 

ハウツー本では有りません、現象に対する、対処法でなく、仮説と、考察によリ、本質に迫ろうとする、論文ですが、中高生、若い人を対象に書かれているので、私でもある程度理解できました。一気に森さんの本3冊読みました。次回紹介します。

 

 

コミュニティを問いなおす

 

今、国も、企業、町内の自治会、家庭まで、あらゆる組織が、好むと好まざるに関わらず、大きく変化、しています。森真一さんの一連の内面の変化に対する、洞察とコニミティの問題を合わせて見れば、何かみ得て来るかと、一緒に買いましたが、森さんにはまって、まだ全部読んでません。

 

草枕  夏目漱石

 

知ニハタラケバ、カドガタツ、ジョウニサオサセバ、ナガサレル、イジヲトウセバ、キュウクツダ・・・・・・

大好きな作家の一人です。多くの人が素晴らしさをたたえて、いますが、私は、内向と外向。 プライドと劣等感。 アカデミックとポピュラー。高等と通俗。 西洋と東洋。

草枕の冒頭のように偏る自分のバランスを傷付ながら、保とうとしている姿勢が好き、何よりユーモアを忘れない。

 

 

人の話しを「聴く」技術 

   

目的とかターゲットが明確な時は、対処法的な本もいいですが,今回の精神対話師の本は、深く静かに入って来ました。

きっかけは、御客様に「君は人の話しを聞かない」云われて、自分では、シッカリと話しの内容を受けとめ、同調したり、関連する内容の話しを拡げたり、返したりしているつもりだったので、実に不本意で、もやもやしている時に手にした本です。お客様は、会話のキャッチボールではなく、ひたすら聞いて欲しかった事に気付かされました。

 

明日の広告  

 

職業柄、売れ行きNO1の帯びが有ると、書店でスルー出来ませんでした。

なぜNO1か、なぜにNO1かお確かめください。

14歳 千原ジュニア

そんなに、期待もしてなかったのですが、自分の高校時代と若干カブルので、文庫に成って手にしました。物書きでもない、彼の表現に驚く、考え抜く力と表現力が合わさると凄い

 

仕事がおもしろくなる発想法

 

皆さん、ご存知、北野武さん絶賛の岡野さんの本。

ごちゃごちゃになった頭にスッキリ、現場の人ならではの明快さ。

時々読み返すとイイかも。

リンゴが教えてくれたこと

 

店頭で数冊平積で、奇跡のリンゴの文字が目に入り胡散臭く感じ、避けていました。最終的に手にしたきっかけは、木村さんの、深く刻まれた皺と、素朴な笑顔でした。まさに人柄その物の内容でした。奇跡のコピーは大袈裟では有りませんでした。

残念な人の思考法

 

何もかも空回り、考え方か、やり方か? まさに残念な状態で手にした。一冊。

私の場合、基本。問題、モヤモヤ、ワクワク、課題を感じると、その時時必要な本を、自然に手、にしています。

自分が強く必要を感じてない物は、読んでも、身に付かず、抜け落ちてる事が多い気がします。

神田昌典氏の本(一部)

 

 

此の10数年、全国の中小企業に、直接、間接的に多大な影響を与えた、マーケーッターの中の一人である事は間違い有りません。

招客招福の法則         小阪裕司

 

 

ご存知の方も多いと思います、日経流通新聞MJで同名の連載を読んで、対処法、ハウツー物が多い中、「商売は営みである」の一言は、入りすぎた肩の力をすっと抜いてくれました。

大変だけど、一番おいしい所(自分で考え、答えを見つける)を残してくれる方だと思いました。

 

ドラッカー入門

 

書店のビジネス書籍のコーナー、ドラッカー オンパレード。

恥ずかしながら、まったくの歯抜け状態でしか,読んだことがない。自分は実践派だからナンテネと居直る

何から手を付けるか、此処は、恥を偲んで、幼稚園から、待てよ保育園からと、手にした1冊。随分参考に成っています。目的を絞って次の本にかかっています。

 今すぐバナーをクリック
 今すぐバナーをクリック

通常の1/2~1/3にコストカット、POS機能、会計・顧客管理・ホームページ、メルマガ・デジタルサイネージまでパック一元管理。詳しくはこちら。             お問い合わせ・見積もりはTEL080-2896-1812担当 増田まで

バナーをクリック!
バナーをクリック!
バナーをクリック
バナーをクリック
イッツ ア スマホワールド
イッツ ア スマホワールド

 販促ワザ管理人  ツイート

NOWでなくなったツイート 

"Indianteachings: ■「わたしの後を歩くな。どこへ行くか分かっていないときもあるのだから。わたしの前を歩くな。わたしが君についていかないこともあるのだから。 歩くときは横に並べ。さすればわれわれもひとつになれるかもしれない。」【ユテ族】"

hansokuwaza説明には沢山の言葉が要るけど、理解に多くの言葉はいらない。

"kumataku1: ソーシャルビジネスは3段階ある。レベル1:そもそも辻褄があわない、レベル2:ビジネスプランコンペ、助成金獲得が可能、レベル3:持続可能なマネタイズを可能にする。ソーシャルビジネスをレベル3にレベルアップするにはどういう思考をすべきなのか?

hansokuwazaソーシャルメディアが登場するまで、卑近な世界でしか双方向のコミュニケーションではなく与えられるか、その中からピックアップするしかなかった。おかげで、発見すること、選択する事、探求する事もなかった多くの人々は、安心安全な井の中の蛙で居れた、ソーシャル時代ジレンマは王だけではない。

hansokuwazaこれからの時代、賢く考えないと生きにくい。優しく謙虚で無いと拡がらない。信念が無いと続かない。柔軟で無いと対応出来ない。行動的で無いと実現出来ない。ただ動けばいい訳ではないという。又ふりだしに戻った。